千葉県アスレティックトレーナー協議会
CHIBA ATHLETIC TRAINER ASSOCIATION

平成28年度 千葉県アスレティックトレーナー協議会第9回総会兼第5回研究会 開催報告

期日

  2016年 4月 24日(日)

会場

 みやざき倶楽部

内容・スケジュール

10:00 開会の辞・会長挨拶
    「千葉県アスレティックトレーナー研究会開催にあたり」
     山本 利春 (本協議会 会長)
10:10 特別講演
    「障がい者スポーツにおける医科学サポートの特徴とアスレティックトレーナーの役割」
     講師:門田正久 先生(株式会社ケアウイング取締役・医療法人社団飛翔会部会長)
11 : 20 「アスレティックトレーナーに求められるもの~これまでとこれから~」
     コーディネーター:山本 利春(国際武道大学)  岡田 亨(船橋整形外科)
12 : 20 休憩
13 : 00 総会
13 : 40 研究会 一般発表①
     座長 橋川 拓史(本協議会 理事)
15 : 00 休憩
15 : 10 研究会 一般発表②
     座長 金成 仙太郎(本協議会 理事)
16 : 20 閉会の辞
     岡田 亨 (本協議会 副会長)
16 : 30 懇親会

総評

第9回千葉県アスレティックトレーナー協議会総会・第5回研修会が平成28年4月24日(日)に「みやざき倶楽部」で開催され、87名の会員の皆様にご参加いただきました。
まずはご参加いただきました会員の皆様に心より御礼申し上げます。


   ↑開会のあいさつをする山本会長

 開催冒頭、先の4月14日より続いている熊本地震の犠牲者に対して黙とうをおこないました。
犠牲になられた方々、ご冥福をお祈りいたします。

 特別講演は岡田理事が座長を務め、株式会社ケアウイング取締役・医療法人社団飛翔会部会長の門田正久氏を講師にお招きし、「障がい者スポーツにおける医科学サポートの特徴とアスレティックトレーナーの役割」と題したご講演をいただきました。
 門田氏からは、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催にむけて障がい者スポーツを取り囲む環境が、過去から変化している現状をお話し頂きました。またアスレティックトレーナーが健常者に携わる場合と違う点についてお話しいただくとともに、障がい者スポーツのトレーニング指導方法、コンディショニングサポート内容を具体的に解説していただきました。多くの選手は正しい知識や競技力向上に対して待っている事で今後、各都道府県のトレーナーが選手を支えていく環境を作っていく為には現場の声に耳を傾け第一歩は相談に乗ってあげる事が必要とお話し頂きました。

   ↑講師の門田先生                ↑感謝状贈呈


 パネルディスカッションでは、山本会長、岡田理事がコーディネーターを務め
「アスレティックトレーナーに求められるもの~これまでとこれからと~」をテーマに、フロアの参加者とディスカッション形式におこなわれました。日本におけるトレーナーの活動の始まりから、今に至るまでのトレーナーの仕事の移り変わりや、今後トレーナーが発展していく為にはどうするべきか意見交換が行われ、アスレティックトレーナーの重要な資質に関して、人間性が重要だとお話しして頂きました。


↑コーディネーターの山本会長と岡田副会長        ⇡フロアからの質問


 総会は、会員総数93名中、当日出席者40名、有効委任状数36名、合計出席者数100名を持って、規定の会員の過半数の出席により総会が成立いたしました。議事は平成27・28年度協議会役員について、規定改定、平成27年度会計報告、平成28年度予算案、平成28年度事業計画案について審議が 行われ、すべての事項が議決されました。平成28・29年度の協議会役員では、現会長の山本氏が顧問になり、新会長に岡田氏が就任しました。
 その後、岡田新会長から千葉県アスレティックトレーナーの活動を広めていく事とトレーナー同士の連携を高めスポーツ医科学サポートを盛り上げて行きましょうとお話しがありました。 


      ↑総会の様子        


<一般演題>
 今回の一般演題は口述発表9題でした。一般演題では、現場での予防活動の報告やエクササイズの効果などについて、現場に応用できる発表が多くありました。また、今回より優秀演題賞を設け、船橋整形外科病院の斎藤氏が「高校野球チーム帯同における障害報告~時季別の検討~」の演題が受賞しました。


      ⇡発表の様子               ⇡発表の様子                ⇡優秀演題賞の表彰 


 今回の総会・研究会が盛会に幕を閉じることができたのも、御参加いただいた皆様のおかげです。運営スタッフ一同心より感謝申し上げます。また、千葉県の アスレティックトレーナーの活動が広がり、スポーツ・健康を通して国内を元気にしていけるように、今後も皆様と一緒に千葉県内外のスポーツ医科学サポート をより一層盛り上げて行きましょう。参加された皆様、本当にありがとうございました。





千葉県アスレティックトレーナー協議会
事務局  若山慶行