千葉県アスレティックトレーナー協議会
CHIBA ATHLETIC TRAINER ASSOCIATION

HOME > 2016年度 松戸市スポーツ指導者バンク講習会 報告

松戸市スポーツ指導者バンク講習会 報告

期日

2017212() 12:0016:00

会場

  松戸運動公園 体育館 小体育室

派遣講師

酒井 祐樹(船橋整形外科 西船クリニック)
佐藤 晋也(船橋整形外科 市川クリニック)
木村 みどり(船橋整形外科病院)
平田 昂大(船橋整形外科 西船クリニック)

内容

心肺蘇生法: 木村 みどり
傷害予防エクササイズ: 佐藤 晋也
テーピング: 平田 昂大

総評

毎年恒例となっている松戸市体育協会が開催している松戸市指導者バンクの講習会に今年も講師派遣を行いました。参加していただいた約60名のスポーツ指導者の方々を対象に「心肺蘇生法」、「傷害予防エクササイズ」、「テーピング」の講習を行いました。

 心肺蘇生法は木村トレーナーが行いました。心肺蘇生法はガイドラインがガイドライン2010からガイドライン2015に変更となっており、座学と実技を交えながら変更点について丁寧に確認していただきました。実技では実際に練習用のダミーを使い、3~4名のグループで繰り返し胸骨圧迫の確認を行いました。以前の講習会で学んだあとに実際にAEDを使う機会があったという参加者もいらっしゃり、皆さん大変熱心に受講してくださいました。


 傷害予防エクササイズは佐藤トレーナーが行いました。腰痛の予防に対して、腰痛発生の原因となり得る、姿勢の確認や身体の柔軟性の確認方法、腹圧の重要性について説明していただきました。身体の柔軟性を確認したのち、それらを改善するためのストレッチと体幹のトレーニングを参加者の皆さんで実際に行い体験しました。


 最後にテーピングを平田トレーナーが行いました。比較的簡単に使うことができ、スポーツ現場で用いることが多い伸縮性テープを使って講習会を行いました。スポーツ現場で多く発生するスポーツ傷害の紹介と実際にテーピングを用いる場合の適応や注意点の説明を行いました。今回は、実技で行うテーピングについて参加者の方々にどの部位のテーピングを行うか希望を取らせていただき、希望の多かった足関節の固定のテーピング、下腿三頭筋のサポートテーピング、前腕筋群のサポートテーピングを実際に巻いて体験をしました。

今回の講習会は、参加者の方々から多数の質問を頂き、大盛況に終わりました。今回の講習内容を現場に持ち帰って頂き、活かしていただければ幸いです。参加して頂いた皆様ありがとうございました。