千葉県アスレティックトレーナー協議会
CHIBA ATHLETIC TRAINER ASSOCIATION

HOME > 一次救命処置(BLS)資格更新講習会兼救急法実技 報告

平成29年度千葉県アスレティックトレーナー協議会 スキルアップ研修会
一次救命処置(BLS)資格認定・更新講習会 報告

期日

  2017年9月3日(日)

会場


千葉県総合スポーツセンター 宿泊研修所2階大ホール

講習内容


日本ライフセービング協会認定一次救命処置(BLS)資格認定・更新講習会  

総評


9月3日、千葉県スポーツ科学センターにおいてスキルアップ研修会として、一次救命処置(BLS)講習会(日本ライフセービング協会認定 BLS 新規資格取得講習会)が開催されました。

 一次救命処置(BLS)とは、急に倒れたりした人に対して救急隊や医療機関に引き継ぐまでの処置の事をさし、心肺停止した人の呼吸や循環機能を維持するために胸骨圧迫と人工呼吸による心肺蘇生(CPR)と AED を用いた除細動を行う救命処置です。スポーツ現場で活動する我々アスレティックトレーナーには必要不可欠な技術であり、日本体育協会公認アスレティックトレーナー関連の資格取得にはBLS関連の資格取得が義務化されています。当日は6名の会員の方に参加して頂き、目の前の人を救えるよう知識だけではなく、スポーツ現場や日常のもしもの時にBⅬSが実施できるよう実技練習を行いました。

 午前中は、我々アスレティックトレーナーがBLSを学ぶ意義、一次救命処置の必要性、実際に起きた事例紹介をまじえた呼吸の見極めなどの講義と、実技講習を行いました。



午後からは、実技の反復練習をし、検定を行いました。



受講された全員が、もしもの時に冷静に正確に対応できるよう笠原指導員の熱い指導を熱心に受講されていました。



一次救命は定期的な実技練習が必要です。今後も定期的に当会会員の皆様に向け、このようなBLS講習会を継続していきたいと考えております。
今回参加されたみなさま、ありがとうございました。